ニュース&ブログ ワインリスト フードメニュー 店舗情報 イベント情報 リンク メールマガジン トップ
 
News & Blog
WINE 神泉 遠藤利三郎商店 WINE 遠藤利三郎商店 角打ちワイン 利三郎

※このページは押上、神泉店の共通ページです。神泉店の情報へ戻られる方はこちら


Category Archive: 遠藤利三郎商店からのお知らせ

【グラスワインリニューアル!!!】
2017年12月20日(水)04時01分

【グラスワインリニューアル!!!】

寒い冬に飲みたい濃縮系赤ワインや、様々な気分によって選べる白ワインと今回もバリエーション豊かにご用意しております!!

 

■グラスワイン白■

グラス500yen~

テイスティングサイズ350yen~

 

【d’Arenberg The Stump Jump Sauvignon Blanc ’16】

ダーレンベルグ ザ・スタンプ・ジャンプ ソーヴィニヨン・ブラン

品種特性を活かしたデイリーワインからワールドクラスのプレミアムワインまで幅広く手掛けるマクラーレン・ヴェイルを代表するワイナリーの一つ。ニューワールドらしい活力あふれる果実味と品種特性としての爽やかなハーブ香が口の中一杯に広がる。

 

【Adegas Tollodouro Branquito ’16】

アデガス・トジョドウロ ブランキート

スペイン注目の産地リアス・バイシャスの異なるサブゾーン(ロサル、サルネス、ウジャ、コンダード)で収穫された多品種のブレンドワイン。魚介類との相性の良さもさることながら、華やかなアロマと心地よい口当たりで、ワイン単体としてもとても飲みやすい仕上がり。

 

【Rolly-Gassmann Sylvaner Réserve ’10】

ローリー・ガスマン シルヴァネール レゼルヴ

1600年代より続く家族経営のドメーヌ。それぞれの土壌の特性に合わせて幾つかの品種を栽培し、素晴らしいエレガンスを備える穏やかでありながら確かな芯を感じさせるワインを造り出す。仄かな甘み、熟成による深み、しみじみとした味わいは冬にこそ美味しく感じられる。

 

 

【Valdonica Mersino ’15】

ヴァルドニカ メルシーノ

オーストリア出身の医師だったMartin Kerres氏がトスカーナ州グロッセート県のマレンマ地区に2006年に設立したばかりのワイナリー。トスカーナにおける最良のヴェルメンティーノの生産者と言って良く、この品種でこれほど芳醇な味わいのものにはなかなか出会えない。

 

【Laurent Combier Crozes-Hermitage ’14】

ローラン・コンビエ クローズ・エルミタージュ

ローヌ地方におけるオーガニック栽培のパイオニアとして知られる生産者。バランスとハーモニーを重視し、ブルゴ―ニュのように上品な、そして艶やかなスタイルを信条としている。赤ワインの評価が特に高いとされているが、少量のみ造られるこの白ワインも非常に優れている。

 

 

【Cambria Benchbreak Chardonnay ’14】

カンブリア ベンチブレイク シャルドネ

カンブリアはカリフォルニアの中でも冷涼さが際立つ代表的な地域とされるサンタ・マリア・ヴァレーのテロワールを真摯に表現する生産者。15区画のブドウをブレンド。区画ごとに個性が際立ち、それらのブレンドにより多様な風味、芳醇な質感と新鮮な酸の快活さが表現される。

 

■グラスワイン赤■

グラス 500yen~

テイスティングサイズ350yen~

 

【Koyle Don Cande Cinsault ’15】

コイレ ドン・カンデ サンソー

1885年創業の老舗大手ワイナリー、ウンドラーガの一族が2006年に創業した有機栽培のワイナリー。サンソーはイタタ・ヴァレーの代表的品種。高樹齢・無灌漑・有機栽培・自然発酵…手間暇を惜しまない栽培・醸造から産み出される「本物の味わい」がお手頃価格で愉しめる。

 

【Clos La Coutale Cahors ’14】

クロ・ラ・クタル カオール

 

カオールはフランス南西地方を代表する赤ワインの一つ。クロ・ラ・クタルは手ごろな価格ながら、星付きレストランのワインリストの常連であり、カオールの中でも代表的生産者の一角である。生産者が「タンニンの質には特に注意している」だけあり、決して荒々しいワインではない。

 

 

【Azul y Garanza Seis ’15】

アスル・イ・ガランサ セイス

 

スペイン北東部の砂漠地帯でワインを造る“たった一軒”の生産者。病気や害虫を寄せ付けない砂漠という環境を活かした有機栽培を実践。非常に小さな房で凝縮感の際立つ6つの区画のメルローをブレンド。スペインらしい濃縮感にボルドー的なハーブのニュアンスが絡み合う。

 

【Remi Seguin Bourgogne Pinot Noir ’15】

レミ・スガン ブルゴーニュ ピノ・ノワール

 

独自の感性と、ワインの確かな品質で人気のフレデリック・マニャン氏が手掛けるもう一つの蔵。近年まれに見る品質となった2015年の豊かな果実味はエントリーレンジにも存分に表現されている。モレ・サン・ドゥニ、ヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュのブドウをブレンド。

 

【Journey’s End The Huntsman Shiraz ’16】

ジャーニーズ・エンド ザ・ハンツマン シラーズ

 

世界のワイン業界最高の知性と呼ばれるジャンシス・ロビンソン女史も高く評価している、南アフリカを代表するプレミアムワイナリーの一つ。コート・デュ・ローヌ北部の高級銘柄と同じくヴィオニエをブレンド!濃密な果実味に花・スパイス・ハーブの香りが複雑に絡み合う。

 

 

【Valdonica Saragio ’13】

ヴァルドニカ サラッジョ

 

オーストリア出身の医師だったMartin Kerres氏がトスカーナ州グロッセート県のマレンマ地区に2006年に設立したばかりのワイナリー。90~’00年代によく見られた濃密なアタック重視でなく、適度な濃さとエレガンスの共存、心地よいアフター。現代のスーパータスカン!

 

【Blacksmith Cellars Cabernet Sauvignon Napa Valley ’14】

ブラックスミス・セラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

 

カリフォルニアの名だたるワイナリーで研鑽を積んだマット・スミス氏が2013年に立ち上げた自らのワイナリー。カベルネの価格高騰が続くナパ・ヴァレーにあって随一との呼び声も高いお値打ちワイン!しっかりとした濃厚で深い果実味、22ヶ月の樽熟成に由来する滑らかな質感。


カテゴリー: 遠藤利三郎商店からのお知らせ | 【グラスワインリニューアル!!!】 はコメントを受け付けていません
 
【押上本店、角打ワイン利三郎、臨時休業のお知らせ】
2017年11月24日(金)02時33分

           【 遠藤利三郎商店 押上 / 角打ワイン 利三郎 】

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

              12月臨時休業のお知らせ  

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

いつも遠藤利三商店 押上店、角打ワイン利三郎をご愛顧いただきまして

誠に有難うございます。

 

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、この度は人材不足に伴い、誠

に勝手ながら押上本店、角打ともに臨時休業をさせて頂きます。

 

【12月 臨時休業日】

 4日(月曜日)

11日(月曜日)

12日(火曜日)

18日(月曜日)

26日(火曜日)

 

上記日程を臨時休業とさせて頂きますが、出来る限り早く、元に戻せるよう

努めてまいりますので、ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し

上げます。

 

キッチン、ホール共に人材確保が出来次第、臨時休業はすぐに解除させて

頂きます。

ワインもお料理も本物を身近に感じさせることを前提に切磋琢磨しあえる

環境で働くことに興味ある方、またお知り合いの方でご紹介もありましたら、

店長 栗田、シェフ 坂口までご連絡頂けますよう宜しくお願い致します。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

遠藤利三郎商店 押上

03-6657-2127

 

■□■募集要項詳細&エントリーは下記リンクより■□■

遠藤利三郎商店(ワインバー・ビストロ)の求人情報 求人@飲食店.COM

遠藤利三郎商店ではスタッフを募集中です。求人@飲食店.COMで詳細を

見てください!

https://job.inshokuten.com/kanto/work/detail/8631?ref=link

 

──────────────────────────────────

■このメールマガジンは送信専用です。

 直接返信されてもご返答できませんので予めご了承ください。

【 配信停止について 】

 本メールはメルマガ配信設定をしているメンバー様にお届けしています。

 配信解除を希望される場合は遠藤利三郎商店 ウェブサイト

http://endo-risaburou.com/mailmagazine/

「メールマガジン解除」を選択し変更してください。

携帯の方はこちらから

http://endo-risaburou.com/mailmagazine/i.php

———————————————————–

 ※メルマガの情報は予告なく変更となる場合がありますので、

 あらかじめご了承ください。

———————————————————–

 

***********************************************

押上 遠藤利三郎商店

131-0045 東京都墨田区押上1-33-3

Tel.03-6657-2127

 

角打ワイン 利三郎

131-0045 墨田区押上1-31-6スプリングハイツ

Tel.03-3611-8634

 

神泉 遠藤利三郎商店

150-0045 渋谷区神泉町11-9ワインアパートメント1

Tel.03-6455-3460

 

炭焼き&WINE 利三郎

101-0047 千代田区内神田3-4-4 寿々木ビル1F

Tel.03-5577-5923

 

Restaurant La Releve

150-0013 渋谷区恵比寿1-11-5 GEMS恵比寿7F

Tel.03-6432-5738

 

http://endo-risaburou.com

*********************************************

 

 


カテゴリー: 角打ワイン 利三郎からのお知らせ, 遠藤利三郎商店からのお知らせ | 【押上本店、角打ワイン利三郎、臨時休業のお知らせ】 はコメントを受け付けていません
 
【11/15(水)ボージョレ・ヌーヴォー解禁に合わせて営業時間延長!!‼️】
2017年11月10日(金)01時54分

遠藤利三郎商店 押上の栗田でございます。

今月は年に一度のヌーヴォー・イベントの月でございます☆

 

ボージョレ・ヌーヴォー解禁日の前日、
11月15日水曜日は26時(深夜2時)まで時間を延長して営業致します。

年に1度しかない貴重な深夜営業です‼️
お仕事終わるのが遅い方、遅めの時間帯にしか飲みに行けない皆様、毎年ボージョレ・ヌーヴォーを待ちわびてる全ての皆様
『押上 遠藤利三郎商店』狙い目です(*^o^*)

0時を回る瞬間に皆様で一緒に乾杯致しましょう‼️

カウントダウン時には2016ヴィンテージ(昨年)のボージョレ・ヌーヴォーもお味見がてらお配りいたします。凄腕の生産者のものは昨年のものでも味わいがヘタレません。ご興味あればぜひ♪

お席もまだまだ空いておりますので、お問い合わせの上ご予約下さい。

遠藤利三郎商店 押上
03-6657-2127

※写真は過去のボージョレ・ヌーヴォーです。


カテゴリー: 遠藤利三郎商店からのお知らせ | 【11/15(水)ボージョレ・ヌーヴォー解禁に合わせて営業時間延長!!‼️】 はコメントを受け付けていません
 
【遠藤利三郎商店 押上店 / 角打ワイン利三郎  11月臨時休業のお知らせ】
2017年10月22日(日)08時56分

いつも遠藤利三商店 押上店、角打ワイン利三郎をご愛顧いただきまして誠に有難うございます。

大変申し訳ございませんが、この度は人材不足により苦渋の決断では御座いますが、

押上本店、角打ともに11月臨時休業をさせて頂く事となりました<m(__)m>

 

【11月 臨時休業日】

6日(月曜日)

13日(月曜日)

20日(月曜日)

21日(火曜日)

27日(月曜日)

28日(火曜日)

 

上記日程を臨時休業とさせて頂きますが、出来る限り早く、元に戻せるよう努めてまいりますので、
ご理解くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

キッチン、サーヴィス共に人材確保できれば、すぐに臨時休業は解除させて頂きます!!

ワインもお料理も本物を身近に感じさせることを前提に切磋琢磨しあえる環境で働くことに興味ある方、

またお知り合いの方でご紹介もありましたら、店長 栗田、シェフ 坂口までご連絡頂けますよう

宜しくお願い致します。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

遠藤利三郎商店 押上

03-6657-2127

 

https://job.inshokuten.com/kanto/work/detail/8631…


カテゴリー: 角打ワイン 利三郎からのお知らせ, 遠藤利三郎商店からのお知らせ | 【遠藤利三郎商店 押上店 / 角打ワイン利三郎  11月臨時休業のお知らせ】 はコメントを受け付けていません
 
【朗報!!!押上 遠藤利三郎商店のグラスワインリニューアル!!!】
2017年10月10日(火)03時29分

【朗報!!!押上 遠藤利三郎商店のグラスワインリニューアル!!!】

 

皆様お待たせしました、押上本店のグラスワインが全銘柄更新となりました!!!

 今回もどれもこれも個性があり、美味しいだけでなく、飲んで楽しいワインばかりで、

皆様は選べる嬉しさについつい飲み過ぎてしまうと思われます(笑)

 

今回も弊社代表の林 がセレクトした素晴らしいラインナップです。

(次回からは店長であるわたくし栗田も絡みます汗(^^)v)

 

下記、ラインナップです。どうぞご覧いただき、味わいに来て下さい!!!!!

 *************************************************************

~ 白ワイン ¥500 ~ ¥1300

Kir-Yianni Paranga White ’16

キリ・ヤーニ パランガ ホワイト

世界のワイン評論家やマスター・オブ・ワインたちが注目したことでブレイクした、ギリシャ最高峰のワイナリーのひとつです。爽やかでありながらドライ過ぎない柔らかい酸が親しみやすさ、飲み心地の良さに繋がっています。地中海のワインらしく、シーフードとの相性が抜群です!

 

Ch.Pierrail Bordeaux Blanc ’15

シャトー・ピエライユ 

アントル・ドゥー・メールの東、マルグロン村に位置する17世紀から続く家族経営の小さなシャトーです。近年は非常に評価も人気も高いようです。ソーヴィニヨン・ブランの爽やかな香り高さに加え、ソーヴィニヨン・グリが与える丸みと繊細さが心地良く感じられます。

 

Fruit Orchestra Chenin Blanc Viognier ’16

フルーツ・オーケストラ シュナン・ブラン ヴィオニエ

南アフリカのプレミアムワイン生産者たちを牽引するガブ・ファミリーのカジュアルライン。シュナン・ブランとヴィオニエ両品種の華やかな香り高さを表現、ほのかなスパイシーさも心地よく、それでいてとてもエレガントです。素晴らしいワインたちが続々日本へやってくる南アフリカワインからは目が離せません!

 

Vadio Branco ’13

ヴァディオ ブランコ

大西洋からほど近いポルトガル北西部バイラーダの地にて、伝統品種の復興を目的として2005年にスタートしたばかりの若いワイナリー。純粋さと複雑さ、繊細さと豊かさを兼ね備える多面的な味わいです。各国で修業した造り手の独創的なセンスが溢れる今後要注目の銘柄です。ポルトガルワインもいいですよ!

 

Nikolaihof Von Stein Riesling Federspiel ’12

ニコラオホーフ フォン・シュタイン リースリング 

ビオディナミ農法の先駆者として知られている、オーストリアのトップ生産者。決して力強く主張するのでなく、身体に優しく染み渡るように飲み手の心を包み込む癒しのワインと評されます。リースリングの個性もしっかりと感じられ、気品のある凛とした佇まいです。

 

Jean-Philippe Fichet Monthelie ’14

ジャン・フィリップ・フィシェ モンテリー

かのコシュ・デュリーの甥にあたり、コシュ・デュリー同様ムルソーに本拠を置き、次世代ブルゴーニュのライジング・スターのひとりとして既に非常に高い評価を得ているそうです。テロワールにフォーカスし、ミネラルと酸を綺麗に表現した厚みのあるワイン造り。モンテリーってコート・ド・ボーヌの中では地味というか印象薄いかもしれませんが、これはいいです!!

 

************************************************************* 

~ 赤ワイン ¥500 ~¥1400

Ventisquero Reserva País Moscatel ’15

ベンティスケーロ レセルバ パイス モスカテル

オーストラリアの最高峰「グランジ」を手掛けたジョン・デュヴァル氏が醸造アドバイスをしていることでも知られている、チリの優れたワイナリー。土着品種パイス(黒ブドウ)に少量のモスカテル(マスカット・白ブドウ)をブレンドしたユニークなスタイル。飲み易くて癖になりそうです()

 

Issac Fernández Selección Legado del Moncayo ’15

イサック・フェルナンデス・セレクション レガード・デル・モンカジョ

あのスペイン最高峰「ベガ・シシリア」の初代醸造長マリアノ・ガルシア氏の甥にあたるイサック・フェルナンデス氏が各地でコンサルタントをする中で見つけた秀逸なワインたちのセレクション。標高700mの斜面の樹齢40年のガルナッチャ。樽を使わず果実の純粋なアロマを表現しています。すっごいお値打ち感あると思いますこのワイン!

 

Castle Rock Petite Sirah Lodi ’12

キャッスル・ロック プティ・シラー ローダイ

キャッスル・ロックは敢えて自社畑や醸造設備を持たず優れた畑や高い醸造技術を持つワイナリーと契約することで効率的に高品質ワインをリーズナブルに生産することで定評があるようです。濃縮感の豊かな果実味が数年の熟成によりリキュールのように芳しい香りを放っています。まさしく飲み頃です!

 

Le Riche Richesse ’14

ル・リッシュ リッシェス

「カベルネの魔術師」と呼ばれる醸造家エチエンヌ・リッシュ氏が息子と共に「最上のカベルネの適地」と目されるエルダーバーグにて手掛けています。さらに評価が高いプレミアレンジは当然のクオリティですが、むしろこのスタンダードクラスがスマートでバランスよく、今美味しく楽しめます!

 

Quinta da Pellada Dão Tinto Reserva ’11

キンタ・ダ・ペラーダ ダォン ティント レゼルヴァ

ハヤシにとって今年最大の発見と言っても過言ではない、今期のメニュー最大の注目の銘柄!ブルゴーニュのエレガントさとスマートさ、北ローヌの複雑な香りが同居するかのような独特なスタイルです。ワイン単体で申し分ない上に、これからの季節の食材との相性の良さも素晴らしいです。

 

Blason ‘Issan Margaux ’13

ブラゾン・ディッサン 

90年代後半よりその輝きを取り戻し、メドック格付け3級の名に恥じないどころか近年は格付け以上の品質ともいわれるシャトー・ディッサンのセカンド。より早く飲み頃を迎える若木の葡萄を主体に、しなやかでエレガント、マルゴーのテロワールを今既に十分に体現しています。2次試験対策の授業で出会ったこのワイン、生徒さんたちが必死でテイスティングしている間に「これ旨いな~」とひとりで悦に入っていたワインです。

 

Harmand Geoffroy Gevrey-Chambertin ’13

アルマン・ジョフロワ ジュヴレ・シャンベルタン

最新の技術に頼らず、丁寧な減農薬栽培と伝統的な醸造方法とでテロワールを表現することにこだわる、ジュヴレ・シャンベルタン村で5世代続く生産者。ピノ・ノワールの可憐な果実味を表現しながら、しっかりとした芯のある、熟成にも耐えるクラシックなスタイルです。グラスワインでジュヴレ飲めたら嬉しいですよね!

 

是非是非全銘柄お試しください。

よろしくお願いいたします(^^)v


カテゴリー: 遠藤利三郎商店からのお知らせ | 【朗報!!!押上 遠藤利三郎商店のグラスワインリニューアル!!!】 はコメントを受け付けていません
 
 
ニュース&ブログワインリストフードメニュー店舗情報イベント情報リンクメールマガジントップ